七夕

七夕の由来

旧暦七月七日、季節の変わり目の農耕儀礼と牽牛織女の星伝説、技芸の上達を願う願う乞巧奠(きこうでん)の風習がつながって日本へ伝わり、在来の棚機つ女(たなばたつめ)の信仰、禊(みそぎ)やお盆の習わしと結びついて、日本独自の七夕行事に発展していきました。

未来を想い、星を眺める

裁縫や習字などの習い事の上達を願う七夕行事。現在では、色とりどりの短冊に、恋の成就や健康を願うさまざまな言葉が書き込まれます。

×