肌吉紙

「肌吉紙(はだよしがみ)」とは、甲斐の国・山梨で生まれた奉書紙(ほうしょし)です。
「美人の素肌のようにうつくしい」紙質こそが、その名の由来。
その昔、武田氏の御用紙として、またその後の江戸時代には、幕府の御用紙として上奉されるようになりました。 その伝統ある和紙の肌ざわり、書き味を限りなく忠実に現代に伝える便箋です。

ペン・毛筆に適しています。
×